整形する事はまだまだ日本においては特別な事であるといった印象が根深いかもしれませんが、外国であればそう考えない国もあります。
個人個人持って生まれている顔や体つきといった物が存在している事になりますが、全ての人が持って生まれた自分の見た目に満足している訳ではありません。時には強いコンプレックスをずっと抱いている場合もあるでしょう。整形する事によってそのコンプレックスの部分を少しでも改善する事が出来れば、毎日感じているストレスの根本的な部分を改善する事が出来るかもしれません。



整形する事だけが解決方法ではないかもしれませんが、ダイエットなどを行い、メイクなども改善したり、色々な部分で自分自身の努力を重ねているにも関わらず、コンプレックス改善する事が出来ない場合には、最終的な手段として整形するという選択をしても良いかもしれません。
勿論お金が掛かってくる問題である為、その部分に関しても自分で努力をする事が必要でしょう。しかし限りある人生の中で、少しでも自分に納得のいく行き方が出来るようにする為にも、見た目を整形によって改善する事が大きな力になる事もあるのです。今から20年ほど前、わたしが独身時代の時でした。
同じく独身の友達が整形手術をしたといって、目に眼帯をしていたのです。その友達は前からかわいい人だったのですが、ぽっちゃりしていて目が腫れぼったかったので、目にコンプレックスがあったのかもしれません。
それで、二重まぶたにしたくて、片目ずつ美容整形したとのことでした。今では整形もある意味ふつうになってきましたし、安くなりましたが、20年前はまだ世の中で整形というと、あまり人に話したくないことだったと思うのですが、友達は堂々とみんなに話していました。
整形する事によって自分に自身を持つ事が出来ればそれも必要


彼女は片目ずつ一重まぶたを二重まぶたにするために、片目につき10万円払ったそうです。つまり両目で20万円なのですが、それくらいのお金を払ってでも整形したかったそうです。その後、彼女は素敵なだんなさまに巡り合い結婚してかわいい赤ちゃんが生まれました。
わたしは本当によかったと思いました。彼女はもともとかわいい人ではあったけれど、目にコンプレックスがあって辛い思いをしていたのだと知りました。
そして整形をして自信を取り戻したのだと思うとそれでよかったのだと思いました。